女の子が欲しい

MENU

女の子が欲しい場合に産み分けで気を付けたいこと

女の子が欲しい

赤ちゃんの産み分けで「女の子が欲しい」と思っている方はとても多いです。
特に、一人目は男の子で二人目、三人目を作る際に女の子が欲しいと思っている方が多いと思います。

 

 

赤ちゃんの産み分けの仕組みを考えると、女の子のほうが産み分けが難しいでしょう。
実際に男女の出生比率を見てもわかると思います。
参考:出生比率データ

 

 

だからこそ、女の子が欲しいと強く思う人が多いのかもしれませんね。

 

 

産み分けを考えた場合に、産み分け指導を行っている産婦人科に通院するのも一つの手段ですが、
お金もかかるし、通院する手間もかかってしまいます。

 

 

そこで、この記事では女の子が欲しい場合の妊活で気を付けたいことを紹介しています。
自宅で赤ちゃんの産み分けに挑戦したい方はぜひ参考にしてくださいね。


女の子が欲しいならX精子を優位にするのが大事!

まずは、女の子が欲しい気持ちを抑えて、女の子の赤ちゃんができる仕組みを紹介していきましょう。
赤ちゃんの性別は精子と卵子が受精した時の、精子が持つ染色体によって決まります。

 

 

精子が持つ染色体は2種類あって、X精子とY精子に分類されます。
女の子が欲しい場合はX精子を卵子と受精させなければいけません。

 

 

つまり、射精されてから卵子の元に到達するまでにX精子を優位にしなければいけないのです。

 

 

一体どうやって!?」と疑問に思いますよね。

 

 

X精子とY精子にはそれぞれ特徴があるので、その違いを利用してX精子を優位にします。

 

X精子の特徴
・寿命が長い(2日〜3日)
・数が少ない(Y精子の約2分の1)
・酸性を好む
・運動能力が低い

Y精子の特徴
・寿命が短い(約1日)
・数が多い(X精子の約2倍)
・アルカリ性を好む
・運度能力が高い

 

上記がX精子とY精子の違いですが、性質が正反対なんですね。
この違いを利用して行うのが一般的な産み分け方法になります。

 

では、それぞれの精子の違いを踏まえた上で、女の子が欲しい場合に具体的には何に気を付ければいいのか紹介していきたいと思います。

 

女の子が欲しい場合は排卵日2〜3日前のセックスをする

産み分けタイミング

女の子が欲しい場合は基礎体温を測って排卵日を予測して、その2〜3日前にセックスをすると◎
まず、2〜3日前にセックスをすることで排卵日には寿命の関係でY精子が残る確率が低くなります。
また女性の膣内ph値は普段は酸性で、排卵日に近づくにつれてアルカリ性に傾いていきます。

 

 

つまり、排卵日前のほうが女の子のX精子にとっては環境が良いと言えるのです。
3日前だと妊娠確率が下がってしまう可能性もあるのでできれば2日前がおすすめです。
もし、排卵日までにまたセックスをする場合は避妊しておきましょう。
(Y精子が受精してしまう可能性をなくすため)

 

セックスはあっさりと淡泊に!

 

女性の膣内はオーガズムを感じるとアルカリ性の粘液が膣内に分泌されます。
それによって膣内のph環境がアルカリ性に傾いてしまうと女の子のX精子にとっては不利な環境になってしまいます。

 

オーガズムを感じる現象を簡単に言えば、イクことです。
女の子が欲しい場合はセックス中にイッてはいけません。

 

なのでなるべくセックスをする時はあっさりと、淡泊に、感じないようにしなければいけません。
とは言え、この辺りは旦那さんの協力も不可欠になってくるので産み分けをする際には
夫婦で話し合っておくことも重要です。

 

旦那さんには精子を溜めないでもらう

 

女の子が生まれるX精子よりも男の子が生まれるY精子のほうが数が多いという特徴を紹介しましたが、
この数の違いは、精子の全体量が増えれば増えるほど大きくなると言われています。

 

なので、セックスの際には旦那さんに精子を溜めこまないようにしてもらいましょう。
精子は大体2日〜3日ほどで満タンになるので適度に発散してもらい、精子を薄めることが重要です。

 

 

産み分けゼリーを使う

産み分けゼリー

ここまで紹介してきたように、女の子の産み分けは旦那さんの協力も必要になるでしょう。
それでもなかなか排卵日や、セックスの強弱をコントロールするのは難しいですよね。

 

そんな時におすすめなのが産み分けゼリーです。
産み分けゼリーは膣内のph値をコントロールするために使用します。
女の子が欲しい場合は酸性に傾ける産み分けゼリーを使用しましょう。

 

産み分けゼリーの副作用や赤ちゃんへの障害の影響などが気になる方もいるかもしれませんが、
産み分けゼリー自体は天然成分で作られていて、口に入れても大丈夫なほど安全なものです。

 

産み分けゼリーにも色々なメーカーの商品がありますが、ph値がきちんと酸性で
病院で処方されるピンクゼリーよりもコスパの高いジュンビーのピンクゼリーがおすすめです。

 

 

女の子が欲しい場合に有効な食べ物やサプリは?

産み分け食べ物

女の子が欲しい場合に、食べ物やサプリメントに気を付ける必要はあるのでしょうか?
たまに、インターネットで調べたりすると酸性の食べ物を食べて体質を酸性にしたほうが
女の子を妊娠する確率が上がるといった記事も見かけます。

 

 

中には、アルコールは酸性だからアルコールを飲みまくるのがいいなんて記事もありました。
確かに、体質にも酸性体質とアルカリ性体質があります。

 

 

しかし、産み分けに関係するph値はあくまでも膣内のph値で体質とは関係ありません。

 

 

そもそも食べ物やサプリで体質のph値が変わるのかも何の根拠もなく怪しいですが、
仮に酸性体質になったからと言って女の子が生まれやすいわけではありません。

 

 

また、酸性体質は不健康な状態でガン細胞も酸性体質を好むと言われているぐらいなので、
わざわざ酸性体質に傾けようと努力するのはリスクが高いと思います。

 

 

基本的に食べ物や飲み物に関する産み分けは根拠がないジンクス的なものがほとんどなので
そこまで気にする必要はないと個人的には思います。

 

 

それよりも妊娠しやすいように健康的な食事を続けていたほうがよっぽどいいでしょう。